×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

定年退職後のシニア生活情報なび

定年後に年金以外の副収入を得るため、副業に関する情報を紹介。

カスタム検索
| はじめに | お問い合せ |  
ホーム お金 資産運用 副業 住まい 健康 働く 学ぶ 楽しむ 介護 家族 暮らし







副業による副収入のすすめ


老後の収入源となると、まず想い浮かぶのは年金。
しかしながら公的年金だけでは老後の生活は必ずしもゆとりが持てないのが現状です。
年金以外の収入を得るために、再就職以外に副業での副収入を望む人が増えています。
もう少し余裕が有るお金が欲しいと考えている方も多くいるのではないでしょうか。
この不況の時代、主婦から会社員の方まで幅広い人が副業を行っています。
ゆとりある老後のために、自助努力で年金以外の副収入を得る準備をしましょう。


●定年後に必要な生活資金

定年後に必要な生活資金は、普通のサラリーマンの場合個人差がありますが、夫婦二人の平均的な公的年金受給額は月額20〜23万円程度です。
最低日常生活に必要な老後の生活費は月額26万円ですから、毎月3〜6万円程度、年間36〜72万円程度不足になります。
ゆとりある日常生活をしようとすると、さらに必要になることでしょう。
年金だけで生活費を賄える世帯はほとんど無いことになります。
自営業者は、もらえる公的年金が少なく、遺族厚生年金も退職金もないのでさらに注意が必要です。

●副収入の必要性

このように公的な年金だけでは生活費を賄えないことから、これらの不足分を企業年金、個人年金、退職金、預貯金などで賄うことになります。
しかしながら、定年後の生活において、預貯金を崩していくことに不安は無いでしょうか。
個人年金保険や積み立て保険などがある人や株の配当があるという人、アパートの家賃が入るという人のように副収入があという人は案外少ないのが現状です。
他に、もうひとつ定期的な収入が見込める副業の道があればどんなに安心なことでしょう。

●在職中からの副収入を得るビジネスの準備を

退職前から準備に入れば起業が実現しやすくなります。
定年退職前であれば、時間を掛けてビジネスの準備を進めることができるでしょう。
もちろん定年後の人でも遅すぎることはありません。
まず副収入を得るために何を副業とすればよいのかを準備することが大切だと思います。
最初はほんの少しの金額かもしれませんが、何もやらないよりは始めてみることに意義があるはずです。
高収入を得るとまで行かなくても、月に数万円でも稼ぐ事が出来る程度の副業をする事を考えてみてはいかがでしょうか。




This site is written by Japanese.  /  Copyright © 2006〜 Katsudon right reserved.