×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

定年退職後のシニア生活情報なび

定年退職後の生活を楽しむため、楽しみと生きがいに関する情報を紹介。

カスタム検索
| はじめに | お問い合せ |  
ホーム お金 資産運用 副業 住まい 健康 働く 学ぶ 楽しむ 介護 家族 暮らし







楽しみと生きがい


高齢社会になるにつれて、楽しみや生きがいのある生活に対する関心が高まってきています。
これは、平均寿命が延び、定年退職を迎えた後に長い余生を過ごすことになるからでしょう。
健康面や経済面だけではなく精神面も老後における大切なテーマです。
何を生きがいと感じるかは人によって違いますが、旅行や趣味、習い事、地域活動やボランティア、子供や孫の成長など、楽しみや生きがいはさまざまな分野に見出すことができます。
楽しみや生きがいを見つけることは、定年退職後の生活をより豊かにする鍵となるでしょう。

●老後の楽しみ

趣味は、生活に潤いや楽しさを持たせてくれるものです。
楽しみや生きがいのある生涯を送るためには、趣味を持つことは欠かせないことでしょう。
趣味といっても、旅行、釣り、囲碁、スポーツ、料理、アウトドア、園芸、俳句、収集など数え切れないほどあります。
また、同じ趣味の方々との交流などを持つことにより、さらに楽しさが増すことでしょう。
趣味活動を通じて、生きがいや仲間づくりをしてみてはどうでしょうか。

●老後の生きがい

定年退職によって仕事を離れ、子育てや家族を養うという大きな役割終えることにより、存在感や生きがい感を失うことににもつなるといわれています。
そうならないためには、地域の人と積極的に交流したり、新しい人脈を築いておくなど積極的に社会との繋がりを求めることが大切です。
そのため、地域活動やボランティア活動などに参加して社会貢献をすることへの関心が高まっています。
経験豊富なシニアには自分が今まで培ってきた知識や技能、経験などを若い人や地域の人に貢献することによって社会に役立つこと、必要とされている自分があることを感じ、大きな満足に繋がるでしょう。
また、ボランティア活動することによって外出したり、体を動かしたりする機会も増えるので、精神的な面だけでなく、自分自身の健康にも大いに役立つと考えられます。





This site is written by Japanese.  /  Copyright © 2006 Katsudon right reserved.