×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

定年退職後のシニア生活情報なび

退職後に加齢によって体力が衰えないように、シニア世代の運動に関する情報を紹介。

カスタム検索
| はじめに | お問い合せ |  
ホーム お金 資産運用 副業 住まい 健康 働く 学ぶ 楽しむ 介護 家族 暮らし


心と体の健康
生活習慣病
禁煙のすすめ
適度な運動
食生活
健康診断







適度な運動


年々、歩いたり体を動かす機会が少なくなっているのではないでしょうか。
歳を取ると、どうしても体力が低下し、体を動かすのが面倒になりがちです。
しかしながらそのまま体を動かさないでいると、体力、筋力ともに落ちる一方です。
加齢とともに身体のさまざまな機能は衰えてきますが、適度な運動を行うことにより、健康な日常生活を行うことができます。
大切なことは、適度な運動をして体を動かす習慣を身につけることてす。

●運動のメリット

よく知られているように、ウォーキングや水中歩行などの有酸素運動は、脂肪を燃やして肥満を解消したり、健康には大きなプラスをもたらします。シニア期の筋肉の萎縮と脚力の退行を防ぐことにもなります。
運動を行うことによって新陳代謝が活発になり、動脈硬化を改善する効果、高血圧を予防したり、肥満や高脂血症を解消することにも繋がります。
軽い運動の習慣を取り入れることは、代謝機能の衰る速度をゆっくりさせる身近な方法でもあります。
また、運動を行うことによって、生活そのものを充実させ、適度な疲れによって快適な睡眠をとることもできるようになります。

●自分にあった適度な運動を

高齢になると体力の個人差が大きく、各個人によって適度な運動は異なってきます。
軽めの運動から徐々に始め、力一杯全力で行う事や、瞬発力のいるような激しい運動は避けたほうがよいでしょう。
また、痛みがあるような状態で運動をするのは逆効果で、あくまでもどこも痛みのない状態で運動をしてください。
必ず自分にあった方法で、日常生活の中に運動習慣を位置づけ、毎日の運動を楽しく、継続的に行うことが大切です。
ちょっと呼吸が早くなる程度が目安で、一日20〜30分を週に3〜5日を目標にするといいでしょう。
定期的に体力測定をして効果が現れると、楽しみの一つになるかもしれません。

ウォーキング 生活に密着した運動のなかで、持久力を高める効果があり、強度や量を調節しやすい身体活動です。腰やひざへの負担を減らすために、アスファルトで舗装された道より、土の上を歩くのが理想です。
比較的長時間行えることが特徴で、少し汗ばむ程度の速度で毎日30分間は歩きましょう。
水泳 肺や腰が弱い方でも、水中で浮力を利用して、身体に無理な負担をかけずに楽しく身体を動かすることができます。
体操
ストレッチ
意識しながら筋肉を伸ばすことで、脳と神経の活性化が図れます。まず、ウォーキングなどで筋肉を十分に暖めてから行い、反動をつけないでやさしくおこないます。
呼吸を止めてしまうと血圧が上がるなどして全身の緊張感が高まってしまいます。また、1日に何回も行うことが大切です。

他にも軽めのランニングやサイクリング、ハイキング、ゲートボールなどが高齢者に適切な運動といえるでしょう。





This site is written by Japanese.  /  Copyright © 2006 Katsudon right reserved.