×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

定年退職後のシニア生活情報なび

定年退職後を楽しむため、老後の不動産投資に関する情報を紹介。

カスタム検索
| はじめに | お問い合せ |  
ホーム お金 資産運用 副業 住まい 健康 働く 学ぶ 楽しむ 介護 家族 暮らし







不動産投資


アパートやマンションを経営し、家賃収入を得る方法が不動産投資です。
現金を投資不動産に変えることにより相続評価額を引き下げることができ、将来の節税対策として有効な手段となります。
今や銀行の預金でもリスクが増え、大手生命保険会社さえ潰れる時代です。
他の投資商品に比べても、比較的低いリスクで長期的に安定した収入をもたらす効率的な資産運用法です。
景気に左右されにくく、私的年金およびインフレ対策として非常に有効な選択と言えるでしょう。

●不動産投資とは

不動産投資は、購入した不動産を他人に貸すことで家賃収入を得るものです。
不動産の種類も豊富で、賃貸マンションやワンルームマンションから、ホテルやオフィスビルなど様々です。
銀行からお金を借りて不動産を購入するのが一般的です。
家賃収入をローン返済に充てることができるので場合によっては負担なく不動産を購入することが出来ます。
ローンの返済後は家賃収入が丸々手に入るので毎月一定額の不労収入を継続的に受け取ることが出来るのです。

●不動産投資の主流

バブル期の不動産投資は購入不動産の値上がりによる売却利益を期待する投資でしたが、現在では購入不動産を賃貸して得られる家賃収入(運用利益)を期待する不動産投資が主流です。

●不動産投資のメリットとデメリット

不動産投資は低リスクで手間がかからず、不労収入を得ることが出来るといわれています。
しかしながら、投資である以上リスクを抱えています。
リスクを十分に理解することでリスクに対して備えることが出来ます。
メリット 長期間の安定した家賃収入を得られる。
住宅ローン完済後は年金代わりとなる。
インフレに対応した収入と資産を得られる。
資産価値が無くならない実物資産である。
デメリット 経済情勢による地価の下落や家賃相場の下落リスクがある。
入居者が見つからない空室リスクがある。
建物の老朽化などにコストが掛かる。
不動産を購入時にローンを利用した場合の金利上昇リスクがある。

●不動産投資の管理

入居者の募集、家賃の集金、日常の管理、建物のメンテナンスなどは不動産管理会社に委託することが出来ます。まずは、信頼して委託できる業者を見つけてサポートを受けることが不動産投資の成功の秘訣といえるでしょう。





This site is written by Japanese.  /  Copyright © 2006〜 Katsudon right reserved.